エンディングノートを完成させる方法

立つ鳥跡を濁さず、ということでエンディングノートを作成して、相続や遺産整理、葬儀などの負担を減らしたいという方が多くなっています。

ですが、いざ市販のエンディングノートや手持ちのノートを買って、エンディングノートの作成の仕方を頼りに書いても続かない。空欄が目立つ。

結局、完成には程遠く、学生時代の夏休みの計画表と同じように、どこかに置いてあるだけになっていませんか?

このページでは、エンディングノートを完成させる方法についてまとめました。

 

完成させるのは無理

おいおい!題名詐欺じゃないか

と思われるかもしれません。

確かに、書くべきことを書いて、空欄も埋めたら、一応の完成にはなります。

ですが、その後に財産の変動があったり、自分の気持ちに変化があった場合はどうでしょう?

書きなおします。情報を更新します。

そうです、エンディングノートは更新していくものなのです。

 

完成させるには更新の容易さが必要

エンディングノートは、一応の完成を何度も行うことになります。

そして、死後に一番近い一応の完成が、エンディングノートの完成になります。

では、更新が難しかったらどうでしょう?

更新の間隔が空きます。下手したら2年3年。

その間、様々な情報や状況が変わってきます。

自分の気持ちも変わっていると思います。

そうなると、エンディングノートの目的である、死後の自分の希望と合わなくなったり、相続人の負担が増えたりすることもあります。

エンディングノートは、更新のし易い形で作っていくことが大事になります。

せっかく綺麗に作ったのに!
お、おぅ・・・

エンディングノートは自由

エンディングノートは、遺言書と違って、法律に決められたルールに従わないといけないということはありません。

ですので、形も内容も自由です。

市販のエンディングノートを使ってもいいです。

そこら辺のメモ帳に書いても、パソコンで書いてもいいです。

自分なりの更新のし易い形、内容を選べます。

 

エンディングノートの種類別比較

そうはいっても、自分には何がいいのやら

ここでは、先ほど出た

  • 市販のエンディングノート
  • 白紙のノートに自分で書いていく
  • パソコンで作成

の3つを比較していきます。

 

市販のエンディングノート

エンディングノートを書こうとするとき、一番にどのエンディングノートを買おうかというところからスタートする方が多いかと思います。

市販のエンディングノートには、項目がズラッと記載してあって、穴埋めをしていくだけで簡単に作れます。

ですが、更新はし辛いと思います。

なぜなら、ページには限界があるからです。

また、エンディングノートによっては項目が多すぎて書くことが大変だったり、空欄が少なすぎて書けなかったり。

このページ、ごちゃごちゃしてる!

 

白紙のノートに自分で書いていく

書いておくべき項目を、書籍やネットで調べて、自分で一から作っていくタイプです。

自由度が一番高く、更新も工夫次第でしやすくなります。

このタイプの欠点は、やはり作成に時間がかかる点でしょうか。

調べて、一から作るので、途中で疲れて中途半端になる可能性もあります。

し、調べるだけで
疲れた・・・

 

パソコンで作成

パソコンでワードなどのソフトを使ってデータとして保管しておくタイプです。

こちらも自由度が高く、修正も簡単です。

普段からパソコンを使う方は、作成の時間もノートタイプの方より短く済むでしょう。

ですが、欠点もあります。

まずはやはり、書いておくべき事を調べて自分で構成を考え入力しなければなりません。

また、エンディングノートは、死後の希望や相続関係の負担減を目的として書きます。

ですので、死後にエンディングノートを相続人の方に見つけてもらわないことには話になりません。

ノートタイプの場合は現実に存在するので見つけやすいです。

ですが、パソコンの中にデータとしてあるだけだったり、USBメモリに保存してあっても、それがエンディングノートのデータが入っていると、相続人の方が分からなければ意味がありません。

お父さん
遺言書もエンディングノートも書いてないんだな
なんかここに
USB置いてあるけど父さんの?
いやらしい画像とか
入ってるんじゃない?

それ・・・

わしのエンディングノート・・・

おススメのエンディングノートの作り方

行政書士 吉田
行政書士 吉田
それぞれのメリット・デメリットを見てきました。
そこで、私のおススメをご紹介!

バインダー式エンディングノート

バインダー

 

バインダー式ノートを買い、必要な事項を1ページにまとめ追加していくタイプのエンディングノートです。

更新の際には、該当するページを差し替えるだけ。

書き足しなどで見栄えが悪くなることはありません。

そして、ページはパソコンで作成し、印刷してバインダーに綴じます。

思い出などのメモリアルな部分は、手書きで書けば暖かいエンディングノートが出来ます。

でも、調べるのは変わらず
疲れるわ・・・
パソコンで作るとは言っても
見栄えとか気にすると結局時間がかかるよ
必要な情報は何なのか?
その情報を集めるのも大変じゃない?

行政書士 吉田
行政書士 吉田
そのような時は
私にご依頼頂ければ!

 

オリジナルエンディングノート作成

お客様から頂いた情報を基に、エンディングノートをデザインします。

6,000円~10,000円

デザインにより料金が異なります。詳しくは、こちら→オリジナルエンディングノート作成

思い出などのメモリアルな部分は、ノート作成後お客様が日々書き足していく形になります。

期間限定で割引価格でご案内します。

割引価格は予告なく終了する場合がございます。

 

情報の更新も承ります。

1ページ500円
ワンコイン!

お問い合わせ方法

お問い合わせは無料です。

ご依頼も下記のお問い合わせ方法から行えます。

ご依頼前の不安や不明点などもお気軽にどうぞ。

 

①メッセージアプリによるお問い合わせ

メッセージアプリでのお問い合わせ始めました!

より、お手軽にお問い合わせが可能です。

お問い合わせ以外の通知はありません。

Facebook Messenger

 

LINE↓

 

通知のオフ設定も簡単なので、追加してからの煩わしさはありません。

②メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください。

住所または店舗出店予定地

お問い合わせの種類(ボックスにチェックを入れてください)
オリジナルエンディングノート作成飲食店営業許可深夜酒類提供飲食店営業の届出医療法人設立認可申請インターネット端末利用営業の届出古物商許可その他

行政書士吉田達也事務所

 

③電話

042-445-2285

(外出中やお客様対応中の場合があります。メッセージアプリやメールでのお問い合わせが早い場合が多いです)

行政書士吉田達也事務所

 

関連ページ

エンディングノートと遺言書の比較

遺言書の内容、遺言で実現できること

争いにならない遺言書の書き方!相続争いが生じる場合とは?