遺言書の種類とメリット・デメリットの比較

遺言書は、自分の死後、家族や親しい方に対してどのようにしてほしいかを書き残すものです。

自分の意思を書き残すことで、その意思を自分の死後に託すことが出来ます。

ですが、遺言書には法律で決められたルールがあります。

これを無視した遺言書は無効になったり、無効にはならなかったけど無用な争いを生じる可能性があります。

そこで、このページでは、遺言書を作成する上で守るべき方式(種類)とその比較をまとめてみました。

 

遺言書の種類

遺言書には主に3種類あります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

遺言は、これらの方式に従って作成しなければ、原則無効になります。

それぞれ簡単に説明していきます。

 

自筆証書遺言とは?

自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文・日付・氏名を自ら書き、押印することにより成立します。

一番簡単な遺言書の方式です。

文字さえ書ければ作成可能で、費用もかかりません。

ですが、失くしたり、改変される可能性があります。

ルールを守らなかった場合、無効になる可能性があります。

ドラマとかで
良く見るやつだ!

 

公正証書遺言とは?

公正証書遺言は、遺言内容を公証人に話し、整理しながら公証人が作成するものです。

作成した遺言書は、公証人役場で保管されます。

ですので、失くしたり、改変される可能性がありません。

公証人が作成するので、形式を守らなかったことによる無効などもありません。

ただし、作成自体に手数料が発生し、証人を2人用意する必要があります。

また、原則、作成は公証人役場で行います。

場合によっては、何回も公証人役場に行かなくてはなりません。

なんで私に相続分がないのよ!
こういうことが起こらないのが
公正証書遺言なんだね・・・

 

秘密証書遺言とは?

遺言を作成するということは明らかになりますが、内容は秘密に出来るものです。

遺言者が遺言書を作成し、それを封じ、公証人が遺言者の遺言書であることを証明します。

遺言書の作成は、自筆でなくても、パソコンなどを用いたり、第三者に書いてもらったものに署名押印する形でも大丈夫です。

ですが、この方式も、失くしたり、隠されたりする可能性があります。

また、公証人が内容に関わらないので、効力が問題になる可能性が出てきます。

 

遺言書のメリット・デメリット比較

自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言それぞれを表にして比較してみます。

自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
内容の正確性
手軽さ
費用
滅失等の危険
秘密性

 

遺言書の内容正確性の比較

【自筆証書遺言】

自筆証書遺言は、遺言内容を自分で考え、全文を自筆します。

ですので、遺言の形式を守れず、無効になることがあります。

遺言内容についても、法律に従った内容で書く必要があり、無効または不十分な記述により争いが生じる可能性が出てきます。

【秘密証書遺言】

自筆証書遺言を封書にするイメージで考えていただけると分かりやすいです。

遺言内容は自分で考えることになりますので、自筆証書遺言と同じようなデメリットがあります

第三者が作成することも出来ますが、その第三者が法律に明るい方でない限り同じです。

【公正証書遺言】

公正証書遺言は、遺言内容から公証人が関与するので、正確性は抜群です。

 

遺言書作成の手軽さの比較

【自筆証書遺言】

一番簡単な遺言書です。

公証人役場に何回も行く必要はありません。

【公正証書遺言】

公正証書遺言は、公証人が遺言内容を遺言者から聞き、公証人が作成し、遺言者と証人が確認し、正確であることを確認できたら署名押印することになります。

公正証書遺言の手軽さを△にしたポイントは以下の通りです。

  • 証人を2人用意する必要がある
  • 公証人とのやり取りを何回も行う必要が出てくる

遺言内容があらかじめ固まっていれば、公証人とのやり取りはスムーズになりますが、そうでない場合や内容に法律的な問題が生じる場合には、やり取りが長引きます。

【秘密証書遺言】

作成は自筆証書遺言と同じく手軽です。

さらに、パソコンで作成出来たり、第三者に作成してもらったりもできます。

しかし、公証人役場に出向く必要があります。

 

遺言書作成の費用の比較

【自筆証書遺言】

書くだけなら費用はかかりません。

最も費用がかからない種類の遺言書です。

【秘密証書遺言】

秘密証書遺言の公証人の手数料は、11,000円かかります。

【公正証書遺言】

遺言内容によって、公証人手数料が増えます。

各相続人・各受遺者ごとに、相続させまたは遺贈する財産の価額により目的価額を算出し、それぞれの手数料を算定し、その合計額が公正証書遺言の手数料の額になります。

目的の価額 手数料
100万円以下 5000円
100万円を超え200万円以下 7000円
200万円を超え500万円以下 11000円
500万円を超え1000万円以下 17000円
1000万円を超え3000万円以下 23000円
3000万円を超え5000万円以下 29000円
5000万円を超え1億円以下 43000円
1億円を超え3億円以下 4万3000円に超過額5000万円までごとに1万3000円を加算した額
3億円を超え10億円以下 9万5000円に超過額5000万円までごとに1万1000円を加算した額
10億円を超える場合 24万9000円に超過額5000万円までごとに8000円を加算した額

例えば、相続財産の総額が2,000万円の場合、これを妻のAさんに相続させるとすると、手数料は23,000円です。

同じく、相続財産の総額が2,000万円の場合、これを妻のAさんに1,000万円、息子のBさんに1,000万円を相続させるとすると、手数料は以下のようになります。

Aさんの分の手数料:17,000円

Bさんの分の手数料:17,000円

合計:34,000円

 

さらに、この金額にプラスして遺言加算という手数料が発生します。

総額が1億円までの場合、11,000円加算されます。

結果、手数料の合計は45,000円になります。

 

遺言書滅失等の危険の比較

【自筆証書遺言】

自筆証書遺言は、自分で作成し、保管するので、滅失や隠匿、毀損や改変の危険があります。

貸金庫に保管することも考えられますが、費用と死後の対応をどのようにするかの問題もあります。

↓この点はエンディングノートを活用すると良いと思います。

エンディングノートと遺言書の比較

行政書士 吉田
行政書士 吉田
私たち行政書士などに、遺言書作成のサポートを依頼して
原本を保管してもらうことも出来ます。

【秘密証書遺言】

秘密証書遺言も、自分で作成し、保管するので、滅失等の危険があります。

【公正証書遺言】

公正証書遺言は、公証人役場で保管してくれますので、滅失等の危険はありません。

保管料もかかりません。

 

遺言書作成の秘密性の比較

【自筆証書遺言】

自ら作成するので、作成したことを公表しなければ作成したことは秘密に出来ます。

また、誰の相談もせず作成するのなら、遺言の内容についても秘密にすることが出来ます。

ですが、保管方法などによっては、内容を盗み見られる可能性はあります。

【公正証書遺言】

公正証書遺言を作成するには、公証人1人と証人2人が遺言書の内容について理解することが前提になります。

ですので、少なくとも3人には、遺言書作成の事実と内容が明らかにされます。

この点で、秘密性は低いと考えられます。

【秘密証書遺言】

秘密証書遺言は、自ら作成し封をしたものを、公証人1人と証人2人が、遺言者が遺言を作成したことを確認するものです。

ですので、遺言書作成の事実は明らかにされますが、遺言内容については封がしてあるため秘密が守られます。

秘密証書遺言は、家庭裁判所で相続人またはその代理人の立会いの下に開封される必要があるので、死後まで内容を知られることは基本ないです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

遺言書には3つの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

自筆証書遺言は、費用が掛からず自由に作成できますが、方式に不備による無効の可能性や滅失等の危険があります。

公正証書遺言は、方式の不備はなく、遺言内容も公証人とやり取りをしながら作成していきますので正確性があります。

しかし、証人2人の用意と費用がかかり、やり取りに時間がかかることもあります。

また、遺言作成自体の秘密や内容の秘密はありません。

秘密証書遺言は、遺言内容を秘密にすることができますが、方式不備や滅失等の危険があります。

 

遺言書を作成したいけど、方式や内容に不安がある方

弊所にご依頼頂ければ、これらのことを考えることから解放されます。
  • 遺言書が方式を守っているか?
  • 内容は法律を考慮して書かれているか?
  • 必要書類の作成・収集
  • 相続人の確認

 

基本料金
自筆証書遺言 70,000円→50,000円
公正証書遺言 90,000円→70,000円

期間限定で割引価格でご案内します。

割引価格は予告なく終了する場合がございます。

 

お問い合わせ方法

お問い合わせは無料です。

ご依頼も下記のお問い合わせ方法から行えます。

ご依頼前の不安や不明点などもお気軽にどうぞ。

 

①メッセージアプリによるお問い合わせ

メッセージアプリでのお問い合わせ始めました!

より、お手軽にお問い合わせが可能です。

お問い合わせ以外の通知はありません。

Facebook Messenger

 

LINE↓

 

通知のオフ設定も簡単なので、追加してからの煩わしさはありません。

②メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください。

住所または店舗出店予定地

お問い合わせの種類(ボックスにチェックを入れてください)
オリジナルエンディングノート作成飲食店営業許可深夜酒類提供飲食店営業の届出医療法人設立認可申請インターネット端末利用営業の届出古物商許可その他

行政書士吉田達也事務所

 

関連ページ

自筆証書遺言を書く前に!確認しておくべきこと

遺言書の内容、遺言で実現できること

争いにならない遺言書の書き方!相続争いが生じる場合とは?

4件のコメント

  1. ピンバック: 自筆証書遺言を書く前に!確認しておくべきこと – 行政書士吉田達也事務所

  2. ピンバック: 遺言書の内容、遺言で実現できること – 行政書士吉田達也事務所

  3. ピンバック: 遺言執行者の仕事と義務、報酬ってどれぐらい? – 行政書士吉田達也事務所

  4. ピンバック: エンディングノートと遺言書の比較 – 行政書士吉田達也事務所

コメントは受け付けていません。