物商許可取得後の標識の掲示など

古物商許可を受けた後、営業を開始出来ます。

しかし、許可を受けただけでは他人から見て自分が古物商であると一見してはわかりません。

ですので、営業所に標識を掲げる必要があります。

以下、標識の掲示について、またホームページを利用する場合に関しても解説していきます。

識の掲示義務

法律によって標識は掲示しなければならないとされています。

古物商又は古物市場主は、それぞれ営業所若しくは露店又は古物市場ごとに、公衆の見やすい場所に、国家公安委員会規則で定める様式の標識を掲示しなければならない。

ー古物営業法 第12条第1項ー

始めに書いたように、他の人から見て、その人またはお店が古物商許可を受けて営業しているかどうかは、容易にはわからないです。

これでは無許可営業と区別がつきにくくなります。

そうなると、無許可営業者を排除して、盗品等の売買の防止、速やかな発見、窃盗その他の犯罪の防止、被害の迅速な回復などの古物営業法の目的にそぐわないからです。

識の表示内容とサイズ、材質

標識は法律で一定の様式が決められています。

その様式に従って標識を作成し、営業所の見えるところに掲示します。

識の表示内容

・古物商許可証の番号

古物商許可を受けた後、古物商許可証が発行されます。

許可証には許可番号が表示されていて、その許可番号を表示します。

・許可を受けた公安委員会の名称

東京都で許可を受けたのなら、東京都公安委員会許可のように表示します。

・取り扱う古物

衣類であれば、「衣類商」のように表示します。

2つ以上取り扱っている場合は、主として取り扱う古物を表示します。

○○商の○○の表示については、標識を作成する前に警察署やHPなどで、正確な表示内容を確認しておきましょう。

・古物商の氏名又は名称

個人許可の場合は、許可者の氏名を、法人許可の場合は、法人の正式名称名称を表示します。

個人許可の場合で、屋号を作っている場合であっても、表示されるのは屋号ではなく、許可者の氏名になります。

識のサイズ

縦8cm、横16cm

主に、金属やプラスチックのもの。

紙ベースのものは不可です。

色は、紺色地に白文字です。

識はどうやって手に入れるの?

標識は一定の様式があり、その様式を守っていれば、ネットなどのプレート作成業者に依頼するのもありです。

その他には、古物商許可証の受領の際に、古物商防犯協力会の案内があったりしますので、そちらで標識やその他の備品の購入をするのも良いかと思われます。

ットで業者に頼む際の注意点

業者によっては、○○商の部分の表示が間違っている場合があります。

ですので、事前に正確な表示内容、サイズは管轄の警察署やHPなどで確認してから作成の依頼をしましょう。

ームページ利用

自宅を営業所として、主にホームページで取引を行う場合、営業所に標識を掲示しても、お客さんからは古物商かどうかはわかりません。

ですので、ホームページ利用の場合には別途、標識についての規定が定められています。

示内容

表示内容は、氏名又は名称、許可をした公安委員会の名称、許可証の番号とあまり変わりはありません。

示する場所

取り扱う古物に関する事項と共に表示しなければなりません。

ですので、古物が載っているページひとつひとつに表示することが原則です。

例外として、以下の対処が認められています。

  • サイトのトップページに表示
  • トップページ以外のページに表示し、トップページへのリンクをはる。

連ページ

古物商許可ー変更届

古物商許可ー場合に応じて必要な書類

古物商許可の欠格事由ー古物商許可を受けられない場合とは?

古物商許可の手続きーリサイクルショップや古本屋、古着屋開業