医療法人の事業報告

個人クリニックを医療法人化した後、個人クリニックには無かった業務が増えます。

それが、事業報告です。

以下、事業報告についてまとめました。

事業報告とは?

医療法人の概要、事業の概要、社員総会で議決又は同意した事項、その他会計年度内に開設した施設や他の法律、通知等において指定された内容等を記載します。

毎会計年度終了後3か月以内に、事業報告書等を都道府県知事に提出します。

監事の監査を受け、社員総会で承認したりと、いくつかの手続きを踏みます。

作成の流れ

毎会計年度終了後に事業報告書等を作成します。

その、事業報告書等は監事の監査を受けます。

その後、理事会の承認を受け、社員総会の承認と報告を行います。

この提出までの流れを、毎会計年度終了後3カ月以内に済ませなければなりません。

添付書類

  1. 事業報告書
  2. 財産目録
  3. 貸借対照表
  4. 損益計算書
  5. 関係事業者との取引の状況に関する報告書
  6. 監事の監査報告書

5の関係事業者との取引報告書は、取引の有無に関わらず提出します。

行政書士に依頼

本来の業務を行いながら、事業報告書等を作成し、理事会を開き、社員総会を開き、議事録を作成し、監事の監査を受け、添付書類の作成をし、提出までしなければなりません。

大変時間と労力がかかりますので、行政書士に依頼することで、回避することが出来ます。

当事務所では、医療法人の設立から運営に係る書類作成・提出の代行を行っております。

お問い合わせについてはこちら→お問い合わせ

関連ページ

医療法人設立するメリットとデメリットー運営・手続き面

医療法人の業務の幅ー付帯業務を考えよう

医療法人の社員と社員総会

医療法人設立のスケジュール