個人開業のクリニックを医療法人化する際、いつでも申請できるわけではありません。

また、医療法人設立の申請は、飲食店営業許可や古物商許可などの他の許認可申請と比べ、提出する書類がたいへん多いです。

ですので、申請スケジュールをしっかり確認して、余裕のある申請を行わなければなりません。

個人開業のクリニックの医療法人設立のスケジュール

以下、東京都を基準に大まかなスケジュールをまとめてみました。

他の道府県も大まかには異なりませんが、説明会の出席が義務付けられていたりしますので、都道府県に確認を取ってから、申請書の作成を行います。

医療法人設立までのスケジュール

以下、医療法人設立までのスケジュールです。

対応する行政機関は、都道府県になります。

  1. 定款案の作成
  2. 設立総会
  3. 申請書の作成
  4. 申請書の提出
  5. 設立認可書の交付
  6. 医療法人の登記申請書の作成と提出
  7. 医療法人設立登記完了
  8. 医療法人設立登記完了届の提出

3の申請書の作成までの段階で、関係する方々には医療法人設立することに対して了承を得ておく必要があります。

4の申請書の提出と5の設立認可書の交付までの間に、提出書類に不備があれば差し替えを行ったり、行政機関の担当の方から、提出書類に対して質問があれば、書類で回答したり、追加書類を求められ対応します。

医療法人設立で大変なのは、この行政機関の担当の方との折衝になります。

診療所開設の手続き

上記までで、医療法人は設立されましたが、その医療法人での診療所は開設されていません。

以下、診療所開設の手続きです。

対応する行政機関は、保健所になります。

  1. 診療所開設許可申請書の作成
  2. 診療所開設許可申請書の提出
  3. 診療所開設許可書の交付と受領
  4. 診療所廃止届、診療所開設届

保険医療機関指定申請

診療所開設手続きと同様に、医療法人での保険医療機関の指定申請を行わなければなりません。

以下、保険医療機関申請の手続きです。

対応するのは、厚生局になります。

  1. 保険医療機関指定申請書の作成
  2. 保険医療機関指定申請書の提出
  3. 保険医療機関指定通知書の交付と受領
  4. 施設基準の届出

関連ページ

医療法人設立するメリットとデメリットー税金面

医療法人設立するメリットとデメリットー運営・手続き面

医療法人の中身はどうなっているのか?

医療法人の社員と社員総会