どりと古物商許可

近年、副業としてせどりが流行っています。

初期費用も比較的安く済み、手軽に始められるので人気のようです。

そんなせどりですが、場合によっては許可が必要なのはご存知でしょうか?

許可が要る場合、要らない場合を法律を基に見ていきましょう!

物商許可とは?

まず、古物営業について。

この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

ー古物営業法第2条2項1号ー

 

古物を売買し、若しくは交換する営業が古物営業に当たります。

では、古物とは何を指すのでしょうか?

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術 品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類す る証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械そ の他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。 以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

ー古物営業法第2条1項ー

古物とは

  1. 一度使用された物品
  2. 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  3. 1,2の物品に幾分の手入れをしたもの

をいいます。

古物という名前から、骨董品や中古の物だけをイメージしてしまいますが、上記2番に注意が必要です。

一度使用された物品、すなわち中古の他に、使用されない物品、すなわち新品であっても使用のために取引されたものであれば古物にあたります。

俗に言う新古品がこれに当たります。

そして、この古物の売買、交換する営業を古物営業といい、 古物商許可を得て行うことになります。

許可が必要となる根拠条文は以下の条文にあります。

前条第二項第一号に掲げる営業(※古物営業)を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。以下同じ。)が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない

ー古物営業法第3条第1項ー ※印は筆者記入

 

物商許可が必要なせどりとは?

一方せどりとは、一般的に古本などを古書店などで安く買い、他で高く売って利ざやを稼ぐ商売を言います。

この文面通りであれば、古本や中古のCDなどを古本屋やネットなどで買って売る場合などは、古物を買い取り、売却しているため古物商許可が必要です。

以下、警視庁のHPにある許可が必要な場合を載せます。

  1. 古物を買い取って売る。
  2. 古物を買い取って修理等して売る。
  3. 古物を買い取って使える部品等を売る。
  4. 古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
  5. 古物を別の物と交換する。
  6. 古物を買い取ってレンタルする。
  7. 国内で買った古物を国外に輸出して売る。
  8. これらをネット上で行う。

物商許可が不要なせどりとは?

警視庁によると以下の項目は古物商許可が不要とされています。

  1. 自分の物を売る。
  2. 自分の物をオークションサイトに出品する。
  3. 無償でもらった物を売る。
  4. 相手から手数料等を取って回収した物を売る。
  5. 自分が売った相手から売った物を買い戻す。
  6. 自分が海外で買ってきたものを売る。

しかし、注意が必要な点がいくつがあります。

・1について

自分で使っていた物、使うために買ったが未使用の物を売る場合です。

ですが、最初から転売目的で購入した物は含まれません。

せどりの場合、この部分で古物商許可が必要な場合が出てきます。

・6について

他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は含まれません。

物商許可を取らずに古物営業を行うと?

3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

副業で罰則を受けてしまうと、本業に支障をきたす恐れが出てきますし、これでは副業とはとても言えません。

古物商許可が必要な場合は、しっかりと古物商許可をとって安心して営業しましょう。

とめ

以上のように、だいたいのせどりは古物商許可が必要になってきます。

中には、古物商許可が必要にもかかわらず古物商許可を得ずに営業している人もいますが、いつ捕まってもおかしくありません。

また、商売していると、悪質なクレームやいたずらなどで警察に相談をする場面も出てくる可能性もあります。

そんな時に、古物商許可を得ていない場合どうなるでしょう?

古物商許可の申請窓口は所轄の警察署です。

自分を守るためにも、古物商許可は取得しておきましょう。

関連ページ

古物商許可が必要な理由(リサイクルショップ・古本屋・古着屋)

古物商許可の手続き