居酒屋やバーを開業する際に必要な許可や届出とは?

居酒屋やバーを開業する際には、許可や届出が必要です。

営業の形態によって、必要とする許可や届出が異なります。

以下に、どのような場合にどのような許可や届出が必要になるのかまとめてみました。

居酒屋やバー開業ー必要な許可・届出

どのような形態であれ、居酒屋やバーという飲食を提供するお店である以上、飲食店営業許可が必要です。

飲食店営業許可

飲食店営業許可は各都道府県の保健所に申請します。

申請には以下の書類が必要です。

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要・配置図
  • 給水関係の書類
  • 営業許可申請手数料
  • 食品衛生責任者の資格を証明するもの

申請の後、保健所と打ち合わせし、設備が基準を満たしているかの検査を受けて、許可証が交付されます。

深夜酒類提供飲食店営業の届出

こちらは、深夜(午前0時から午前6時まで)も営業して、お酒を提供する場合に必要になります。

申請先は、営業所の所在地を管轄する警察署になります。

申請には以下の書類が必要です。

  • 届出書
  • 営業の方法を記載した書類
  • 営業所の平面図
  • 営業を営もうとするものが個人であるときは、住民票の写し

行政書士に依頼するメリット

①申請書や届出書作成の煩わしさ軽減

申請書や届出書は記載しなければならない箇所が多く、これは何について聞いているのかわからない、といったことが多々あります。

そして、適当に書いて提出すると、書き直しを何度も食らうことに。

その都度ネットで調べたり、役所に問い合わせたりするとさらに時間と労力がかかります。

当事務所に依頼することによって、ハンコと署名のみで済みます

 

②図面作成しなくて良い

飲食店営業許可や深夜酒類提供飲食店営業の届出には申請書や届出書の他に添付書類として、営業所の図面を提出します。

これは、店舗の賃貸借の際の間取り図をそのまま提出すれば良いわけではありません

調理場やトイレなどの衛生面に関わるところは設備の位置や各名称まで細かに記載します。

客室は空欄ではなく、テーブルやイスの配置も書きます。

そして、面積も計算するため、寸法も記載

当事務所では、レーザー測量機を用い距離を測り、CADというパソコンのソフトで図面を作成します

 

③開業には何が必要で、何がダメなのか、自分で調べずに済む

居酒屋やバーを開業する際、自分が開きたいと思うお店には何が必要なのか。

そして、どういったことが法律的にダメなのか。

ネットで調べればいくらでも出てきますが、内容が古かったり、詳細に調べようとすると条文を引くことになり時間と労力がかかります

当事務所では、このお店には何が必要で、こういった設備はダメです、など申請に必要な情報をお話します。

そして、申請書や届出書を作成して終わりではなく、その後のお店の運営上、気を付けるべきポイントなどもお話します

 

お問い合わせ

許可や届出でお困りの際は、電話やメールでお問い合わせ受け付けています。

相談は無料ですので、お気軽にどうぞ!

 

電話:042-445-2285 (8:00~21:00 土日ok!)

メール:contact@ty-gyosei.tokyo (24時間受付中!)